ホームページ閉鎖について 和創会の新しいホームページがかわります。

社会福祉法人はるかぜ会から社会福祉法人和創会へと令和3年1月より再出発を致しました。

社会福祉法人としての使命を地域の中でしっかりと全うしていくためにも、皆様のご理解・ご協力が必要とな

ります。

しっかりと責任を果たして、未来に向かって行こうと職員みんなで取り組んでいきます。

その決意を皆様にお伝えするためにホームページを新たにします。現在、最終の確認を行っています。

様々な情報・状況をご報告させていただくこと、事業活動の報告は勿論のこと経営方針を明確にし、法律に基

づき適切な運営・経営が行なわれているかがわかるように行って参ります。

それにともない社会福祉法人はるかぜ会で使用しておりました、このホームページは閉鎖致します。4月中

には変更致します。

コロナウイルス対策について 

再び国内での感染者が増加の状況にあります。

今回は変異したウイルスがおおく感染しているようです。

和創会においても前回の対応を踏まえてしっかりと対応をして参ります。

ご迷惑をおかけすることもあると思いますが職員一丸となって対応していきます。

ご理解とご協力をお願いいたします。

コロナ対策 3月より一部在宅事業再開

皆様に大変ご迷惑をおかけしております。緊急事態宣言の解除にともない感染予防・防止を徹底しながらのサービス提供の再開を行います。

「WITH CORONA」ですので、今までとは違うご利用条件であったり、ご本人様・ご家族様へのご協力をお願いさせていただく場合が今後多く起こり得る

状況にありますが、皆様と共にしっかり役割を果たして行きます。

詳細の

熊本県 緊急事態宣言 2月18日解除に向けて 

昨日、熊本県の緊急事態宣言の解除が病院の入院患者さんの逼迫が抑えられてきたという事で18日とされました。

和創会においてもこれまで皆様に無理を申しながら、ご理解・ご協力を頂きながらなんとか感染も蔓延することなくサービスの提供を行わせて頂いております。

18日以降に段階的に通常利用できるように再開しておこうと考えておりますが、未知の感染症との闘いです。色々とご利用者様、ご家族様には通常に近い状況に戻るにあたって力を合わせて頂きたく存じます。

個人的な事ですが、私の知人がコロナ感染により亡くなりました。決して他人事ではないこと、差別や偏見の問題もあります。みんなで色々な事を正しく見極め、考えながら、話し合いながら「新たな生活様式」を創り出す必要を感じております。

皆様へのご連絡とお願い - ご利用再開のめどについて -

ご利用者様、ご家族様にはコロナウイルス対応でのサービスのご利用に関してご協力を頂いておりますこと感謝申し上げます。

今後のサービス提供の再開につきましては

①熊本県の非常事態宣言の解除

②和創会の各事業所があります地域の現状

を考慮しての対応をさせて頂きます。今しばらくお待ちください。

初めての経験での対応です。御不自由をおかけ致しますがご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

今回の経験を活かして施設のあり方をしっかり考えて職員一丸となり地域の皆様と歩んで参ります。

ご利用者様、ご家族様へのお願い -ご家族の体調の変化があった際の連絡について-

コロナウイルスが猛威をふるっており、医療の現場の混乱から介護の現場もコロナ禍に飲み込まれています。

介護の現場で仕事をさせて頂いている職員も感染の恐ろしさと使命感の狭間で苦しんでおります。

みんなのいのち、生活を守るのが私たちの使命です。

その様な中でご利用者、ご家族の皆様へ改めてのお願いなのですが、是非とも一緒に暮らしていらっしゃるご

家族の体調の変化があった際は職員へご連絡いただければたいへん助かります。

コロナは勿論他の病気に関しても早期に発見し、対応が出来れば医療崩壊、介護崩壊を防ぐ事ができます。

皆様のご理解とご協力をお願い致します。

感染対策 Air Mask エアーマスクを使用しています!

IMG_3344

 

和創会では、数年前より職員全員が感染症対策として「Air Mask」(エアーマスク)を使用しています。名札の中に入れています。

感染対策は「目に見えないウイルス」との闘いです。まずは、自分の身を守って周りの方々にも感染しないようにしていかないといけません。