4月28日に熊本市より消毒用アルコール、マスクをいただく!

コロナウイルス対策・対応で職員みんなで協力しながら、バタバタと過ごしています。そのような中に4月28日に熊本市より消毒用アルコール、マスクをいただきました。

配布の列に並んでいる間に消毒用アルコールの箱を見たら「白岳」と段ボールに書いてありました。消毒用アルコールを頂き表示をみると、スピリッツと書いてあり焼酎メーカーの白岳さんのものでした。ニュースでは聞いていたものの実際に酒造メーカーさんも協力をして頂いているのだと驚きと感謝でした。

今インターネットで調べたら、朝日新聞の記事を見つけましたのでご紹介します!感謝申し上げるとともに私たちも色んな事が起こると思いますが、人が生きていくことと共に歩むのが私たちの役割だと思っています!

「消毒用に」アルコール 人吉の酒造会社が寄付

伊藤秀樹 2020年4月27日 9時30分

  米焼酎「白岳」で知られる熊本県人吉市の高橋酒造(高橋光宏社長)が、消毒用エタノールの代替品として手指の消毒にも使える75度のアルコールを製造した。新型コロナウイルスの感染拡大による消毒用エタノール不足を受けた緊急対応として、県に23日、720ミリリットル入り3千本を寄付した。

 同社は2年前、アルコール度数が高いスピリッツの製造免許を取得。専用の製造施設も完成していた。厚生労働省が10日に手指消毒についてアルコール度数の高い酒でも代替できるとの見解を示したことを受け、5日ほど前に製造を決めたという。販売はせず、今回限定という。高橋社長は「地元に貢献できてうれしい」と話した。(伊藤秀樹)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>