お花がたくさん!! 特別養護老人ホームゆうとぴあ より

特養の過ごし方

新型コロナ対策の為にご面会もままならない状況ですが、特養は季節の花があちこちに咲いています。

IMG_0466

紫陽花やたんぽぽの花、チューリップと素人とは思えないほどの出来栄えです。

職員と利用者様と一緒に作成しました。

生活相談員 松山

IMG_0463

IMG_0461

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利用者ご本人、ご家族、職員の協力で頑張っています!コロナウイルス対応

 はるかぜ会は、2月の上旬より「面会制限」「外出制限」を開始しました。緊急事態宣言が解除されて本格的には6月1日より社会も本格的に動き出しますが、5月下旬からの日本全体の動きの中で6月1週目、2週目とどのように感染の状況になるかとても不安を感じています。

 毎年の事ですが、インフルエンザの流行時に年末から年始にかけて社会全体での人の移動があり、学校等が始まりインフルエンザが流行する事が多くあり、社会福祉、介護の現場でもいつも警戒して対策を行っている時期になります。

 今回の解除にあたって6月の2週目あたりからの感染者の人数がとても心配になります。はるかぜ会でも「面会の制限」を行っておりますが利用者ご本人の気持ち、ご家族の気持ちを理解しながらの苦しいながらの判断をさせて頂いております。

 福島民友新聞の記事ですが、利用者ご本人様、ご家族の気持ちが伝わってきます。職員みんなとしっかり対応をさせていただきます。不安な点、ご希望等ありましたらご連絡下さい。

病院や介護施設「面会制限」 認知症進むのでは…不安募る家族

配信

福島民友新聞

面会が制限され、施設に入る夫と会えない状況が続くという福島市の女性

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、病院や介護施設での面会が制限され、認知症当事者の家族から「会わない間に症状が進むのでは」と心配する声が上がっている。  「元気そうでほっとしています」―。夫(75)の近況が分かる写真入りの送付物を見て、福島市の女性(73)はつぶやく。認知症の夫が入所する特別養護老人ホームが、感染拡大防止の観点から面会自粛を求めるようになって2カ月以上。以前は1週間に1回程度顔を合わせて声を掛けたりしていたが、今は施設からの送付物でしか夫の様子を知ることはできない。面会できたとしても、「自分が感染源になってしまったら」と思うと、ためらう。6月からは携帯電話のビデオ通話システムで会話をする予定だが、面会できる時期は見通せず、「夫の症状がどうなっていくのか」と気をもんでいる。

4月28日に熊本市より消毒用アルコール、マスクをいただく!

コロナウイルス対策・対応で職員みんなで協力しながら、バタバタと過ごしています。そのような中に4月28日に熊本市より消毒用アルコール、マスクをいただきました。

配布の列に並んでいる間に消毒用アルコールの箱を見たら「白岳」と段ボールに書いてありました。消毒用アルコールを頂き表示をみると、スピリッツと書いてあり焼酎メーカーの白岳さんのものでした。ニュースでは聞いていたものの実際に酒造メーカーさんも協力をして頂いているのだと驚きと感謝でした。

今インターネットで調べたら、朝日新聞の記事を見つけましたのでご紹介します!感謝申し上げるとともに私たちも色んな事が起こると思いますが、人が生きていくことと共に歩むのが私たちの役割だと思っています!

「消毒用に」アルコール 人吉の酒造会社が寄付

伊藤秀樹 2020年4月27日 9時30分

  米焼酎「白岳」で知られる熊本県人吉市の高橋酒造(高橋光宏社長)が、消毒用エタノールの代替品として手指の消毒にも使える75度のアルコールを製造した。新型コロナウイルスの感染拡大による消毒用エタノール不足を受けた緊急対応として、県に23日、720ミリリットル入り3千本を寄付した。

 同社は2年前、アルコール度数が高いスピリッツの製造免許を取得。専用の製造施設も完成していた。厚生労働省が10日に手指消毒についてアルコール度数の高い酒でも代替できるとの見解を示したことを受け、5日ほど前に製造を決めたという。販売はせず、今回限定という。高橋社長は「地元に貢献できてうれしい」と話した。(伊藤秀樹)

おいしいご飯で免疫力アップ!! デイサービスゆうとぴあ 美食の会開催

 

IMG_2919

 

デイサービスセンターゆうとぴあでは、月に2回「美食の会」を行っています!

こんな時期だからこそ免疫力アップの美味しいご飯と皆様の笑顔でした。

食べているご利用者からは熊本県民では最高のほめ言葉「鶴屋に来たごたる!」との言葉を頂きました。

他県の方は、「熊本 鶴屋」で検索下さい。おいしい食事、楽しい話でも「密」にならないように注意しています。

IMG_2920

 

コロナウイルスに負けないぞ!!「コロナうつ」予防のポイント!!西日本新聞より

家族の何げない言動にイライラ…「コロナうつ」予防するには?

4/19(日) 9:30配信

西日本新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、不安やストレスがたまると心に不調を来す恐れもある。「コロナ疲れ」「コロナうつ」を予防するにはどうすればいいか。非常時の心のケアに詳しい筑波大の高橋晶准教授(災害精神医学)に聞いた。

-どんなことが起こる?

 感染症の集団発生は、国際的には災害の一つとされ、戦争や自然災害と同様に心の問題を引き起こします。不安や抑うつ、絶望感など誰にでも起こりうる反応です。ただ、長引く場合や、不眠や手の震えなど体にも影響が出てきたときは、精神科などの専門家を受診しましょう。

-対処の方法は。

 長期化するかもと気持ちを切り替えた方が現状を受け入れやすくなります。友人との集まりやスポーツなど今までのストレス解消法が難しくなっています。読書や映画観賞など忙しくてできずにいたこと、昔好きだったことを思い出してやってみてください。

-生活習慣で気を付けることは。

 心の回復力「レジリエンス」を最大限発揮できるよう、十分な睡眠と栄養を取り規則正しい生活を心掛けましょう。これは体の免疫力を高めることにもつながります。散歩やストレッチなど適度な運動も日課にしましょう。大切なのは孤独にならない、させないこと。ネットや電話を活用し、人とのつながりを保ちましょう。1人暮らしの高齢者にはこまめに連絡を取るなど、周囲の人は「おせっかい」を焼いてください。

-一日中ニュースを見てしまう。

 情報との付き合い方は「正しい情報を適切な量で」がポイント。ネット上にはデマも飛び交うため、信頼できる情報源で確認しましょう。情報を追い続けていると不安が膨らむため、収集する時間を決めることをお勧めします。

-子どもへの影響は。

 小さな子は気持ちをうまく表現できないため、行動の変化として現れます。おねしょや赤ちゃん返りをしたり、怒りっぽくなったり。遊びの中で「コロナごっこ」をする子も。叱らずに受け止め、普段以上に子どもの声に耳を傾け、安心感を与えてあげてください。

-家族の何げない言動にイライラしてしまう。

 不安や恐怖は怒りに変わり、攻撃的になってしまいます。互いを励まし、ねぎらう気持ちを忘れずに。ちょっとしたことでも「ありがとう」と言葉にしましょう。「コロナに勝つために」とアイデアを出し合い、「手洗いチェック係」「運動係」など家族で役割を決めてみてはどうでしょう。

-感染者や医療従事者に嫌がらせや差別がある。

 敵(ウイルス)が目に見えないため、人々は代わりに他の誰かを敵とみなして遠ざけ、攻撃することで安心感を得ようとします。不安や恐怖に振り回されないことが大切です。最前線で闘っている人たちを守ることは、私たちの暮らしを守ること。エールを送り続けましょう。

(新西ましほ)

「国民の義務だから県知事選挙します!」ご利用者の言葉にみんな「びっくり!!」

熊本県知事選挙が行われます。特別養護老人ホームゆうとぴあにおいても手続きを踏んで不在者投票を行う事ができます。

担当の職員がご利用者へ「選挙されますか?」の問いに「国民の義務なので県知事選挙の投票をします!」の言葉に職員が驚くと

同時に選挙への意識を反省。

選挙の大切さを感じました。

コロナウィルスをはじめ感染症対策  はるかぜ会全体

九州でもコロナウイルスの感染がありました。総合福祉施設ゆうとぴあにおいては出入口を一か所にして手洗い、うがい、マスク、アルコール消毒を行っております。

はるかぜ会全体においても感染症対策を行って参りますので皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

おてもやんのみなさんと晩御飯の準備 

ゆうとぴあのみなさんの食材の準備で、玉ねぎの皮むきをしてくださいました。

P1160590

午前と午後の2回、段ボール箱にたくさんの玉ねぎの準備が整いました。ありがとうございました。

明日のメニューは、玉ねぎたくさんの牛丼??? 介護職 坂本かよ子

P1160587

P1160598 (2)

はるかぜ会 自慢の料理 特別養護老人ホームゆうとぴあ 家族会より

家族会交流会にて  栄養課より

本日の家族会交流会のメニューは、

日頃入所者の皆様に人気のある料理を中心に、特養のスタッフと考えました。

IMG_3874 IMG_3869 IMG_3867

 

ご家族の皆様より、「母は毎日こんなおいしいご飯が食べられて、羨ましいです」

「高齢者向けの味付け、食べやすさに、心がこもっていると感じました」「食材が新鮮ですね!」

「すべて手作りでとてもおいしかったです」等温かい言葉や

作り方や食材についての質問も多数いただきました。

IMG_3872 盛り付けの様子!

また、巻き寿司は、入所されているT様のご家族(有名な巻き寿司店です)より

IMG_3876

具だくさんの巻き寿司を作っていただきました。

こちらも、大好評!!

とてもおいしかったです。

家族交流会食事会 IMG_3888

 

次回もぜひお越しください。

 

 

 

てとてとマルシェ 無事終了しました! 11月16日開催

天候にも恵まれててとてと広場でのてとてとマルシェが皆様のご協力で無事に終了いたしました。

日頃どれだけの方々に支えられているのか気づかずに過ごしていたことに大反省です!!

皆さんの協力と中学生たちの若い力をもらって最後の片付けまで手伝って頂きました。

来年を楽しみにまた毎週毎週のマルシェも来て下さいね!!写真等は後日楽しみにしてください。